読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

誰と関わるかで人は変わってゆく。

モチベーションアップ

f:id:nami621:20160318094153j:plain

 

この前、友人のペットサロンに遊びに行ってきた。

 

中学生の頃の同級生で、一番仲が良かった子。そんな子が、自分でペットサロンを開いたという。すげぇ。

 

会うのは3年ぶりくらいで、わたしが離婚したことも知らなかった。

もう息子は3歳。友人とは初対面。

 

お菓子を食べながらしゃべっていたのだけど、

「なみへー、そうゆう適当で気を使わない感じが相変わらずだね。変わらないね。」と言われた。

 

「私だって少しは変わったよーう」

 

いい意味で言ったんだよ。

この前叔母さんに、なみへーがいなかったら今のあなたはいないよね。なみへーに会ってから、本当に変わったよ。て言われたんだよ!」

 

と言われたらしい。

 

「??? 私何かしたっけ?」

 

 

「中学2年のとき、わたし周りの目をすごく気にする子で、他人にどう思われているかすごく気にしてた。

そのときクラスが変わって仲いい子と離れちゃったし、1週間くらい学校行ってなくて、不登校になりかけてたんだよ。

学校すごく嫌で、周りには学校行け行け言われて仕方なく嫌々学校行ったら、

今までそんなに話したことなかったなみへーに

「久しぶりー!!元気だったー!!?」って、

普通に元気に話しかけてくれてさ、そのとき、

あっ、こいつなんも考えてないんだ 

わたしが思っているより周りはわたしのこと気にしてないんだ。

わたしも気にしなくていいんだ!

って思って、そこからなみへーと仲良くなったんだよ。

 

そこからわたしの性格は変わった。

 

だから、なみへーと悪さしたり、ふざけたり、明るくなれた。

それで、高校入って学校離れちゃったけどなみへーみたいな明るいキャラで生活してたよ。」

 

 

 

 

まじか・・・。

 

ぜんぜん覚えてない・・・。

 

 

ごめん、友人よ。覚えてないよ。

ただ、すごく嬉しい。照れくさくって、なにも言えなかった。

 

ただ、「こいつなんも考えてないんだ」ってとこは突っ込みたい。

 

でも図星だ。

 

中学のとき、わたしってそんな子だったんだ。

今の私はどうだろうか。昔よりは、周りの目を気にしている気がする。

 

いい意味でも、悪い意味でも。

 

 

 

自分の知らないところで、いい意味でも悪い意味でも影響を与えているのか。。

 

こんなわたしでも、誰かを変えていたなんて、驚き。

 

あなたは誰にどんな影響を与えているだろうか?

 

 

そんなことも考えながら生きて行きたい。と思った。

 

 

しんみり。

 

 

おわり!